技術メモ【Kali Linux】apt-get

IT

とあることを勉強したくてKali Linuxを使用しているのですが、ちょっとトラブって進めなくなり、「apt-get」コマンドってそもそもなんぞ?となったので、わかったことをメモ。

(追記)
以下コマンドは全て「apt-get~」で記載していますが、
現在は「apt~」で実行できます。

【apt-get】
Kali Linuxのパッケージを管理・操作するためのコマンド
パッケージ管理システムであるAPT(Advanced Package Tool)ライブラリを利用して管理・操作するらしい。
パッケージというのはKali Linux内にインストされている様々なアプリケーションやライブラリ、設定ファイルのことかな?

【apt-get update】
APTライブラリの情報を最新化してくれるとのこと。
車で例えるならカタログに記載されているスペックとかを2019年版➡2020年版に更新してくれるイメージ??

【apt-get upgrade】
実際にローカルのライブラリを最新版にアップグレードする。
この時アップグレード対象は既にインストされているライブラリの内容が対象とのこと。
新規にインストとかはされないってことかな?

【apt-get dist-upgrade】
既存にインストされている有無に関わらず、全て最新バージョンにアップグレードする。
試してないからわからないけど、不要なものも全てインストされるのでは?

【apt-get install】
個別でパッケージをインストールする。
dist-upgradeよりはこっちの方が利用度高いのかな~

【apt-get remove】
インストされているパッケージを削除する。
(例)apt-get remove <パッケージ名>

【apt-get autoremove】
アップグレードなどに伴い不要となったパッケージを削除する。
コマンドを実行しているとたまに促されるので、そのタイミングで実行するといいかも?

【apt-get list】
インストされているパッケージのリストを表示する。

【apt-get show】
パッケージの詳細を表示する。

【apt-getのオプション】
-f パッケージの依存性がおかしくなった場合に修正を試みる
-u アップデートするパッケージの一覧を表示
-s インストするパッケージの一覧を表示
-y ユーザーへの問い合わせに対し自動で「yes」で返答

【aptitude】
インストールしたパッケージに関連した推奨パッケージがある場合、これをインストールする。
(注意)
Kali Linuxには「apt-get install aptitude」を実行しないとaptitudeコマンドは使用できない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました