コスパ最強!?PS5レビュー!

商品レビュー

こんにちは、こんばんは、パスタです!

タイトルの通りPS5のレビューなんですけどね、凄い今更感はありますよ・・・

とは言えこの記事投稿が2021年3月16日ですが、発売から3ヶ月経った今でも購入困難らしいですね・・・

実は12月末の激戦に勝利しましてね、購入しておりました!
ただ忙しくてブログ自体全く更新してなかったんでね、今になりましたw


それでもしっかり遊んではいたので、実際の使い心地も含めてレビューしたいと思います!

PS5の簡単なスペック紹介

PlayStation 5がいよいよ登場 | 登録してPS5の詳細をチェック | PlayStation
PlayStation 5がいよいよ今年発売。登録すると、PS5の発売日やソフトウェアのラインナップ、PS5の機能などの詳細情報を、アナウンスと同時に受け取れます。

この記事を見てる人はゲームそれなりに詳しい方だと思うので必要ないかもしれませんが、言わずも知れたソニーの最新型コンシューマー機、PlayStation5です!

PS4の発売が2013年なので、7年越しに発売されたことになります!
まだかまだかと待ち望んでた方は少なくないはず・・・

そんな期待されたPS5のスペックですが・・・
①4K120Hz出力対応
②8K対応
③レイトレーシング(ray tracing)対応
④超高速SSD搭載
⑤ハプティックフィードバック、アダプティブトリガー搭載
⑥PS4版ソフトと互換性あり

価格は
通常版:49800円(税抜き)
デジタルエディション:39800円(税抜き)

です。

デジタルエディションはダウンロードソフト専用になります。
つまりソフトを買って、ディスクを入れて遊ぶことは出来ません。

その分価格が抑えられているということですね。

近年はダウンロード版で遊ぶ方も増えているので、そういう方にはより安くて嬉しいかも!?

ちなみに私はディスク派なので通常版を購入しました。
ディスクをコレクション感覚で残したいので・・・w

コスパ良すぎない!?

さて、このスペックと価格を見て、PCに詳しい人は気づくはず・・・

安すぎーーーーーー!!!!!!!

4K/120Hzって何www
そんな出力対応してるディスプレイある!?

しかもレイトレーシング対応した上で4K/120Hz出力ですよ・・・

それを仮に自作PCで再現しようとしたら、グラフィックボードだけで20~30万は必要になるんじゃないですかね??

PS5が如何に破格か伝わりますか・・・

ネットサーフィンやYouTubeは当然見れますし、ゲーム配信も用意。

これ一台で大体のことは出来るんですよ・・・
(ExcelやWordは?とか言っちゃだめですよw そういう方はPC買いましょう)

とは言えスペック見てもイマイチ・・・って方もいますよね?

簡単にそれぞれ説明していきましょう!

①4K120Hz出力対応

4Kは最近じゃよく聞きますよね。
スマホも同じですが、画面って1つ1つ色を表現する点があって、その数が細かいほど高精細で綺麗です。

4Kはその中でもトップクラスに綺麗な画質です。

光や色の表現も細かく、見比べたら鮮やかさなど段違いです。
(最近は8Kも出てきてますね)

一番わからないのは「120Hz」だと思うのですが、
そもそも映像というのは、写真をパラパラ漫画のように連続して映しているものです。

数が多ければそれだけ細かく滑らかに表現できますよね?

近年60Hzが当たり前ですが、その倍が120Hzなので2倍滑らかに映像を描写するということです。

後でまたお伝えしますが、この4K/120Hzというスペックはおかしくて、まだ対応するディスプレイが無いんですよw

つまりそれだけPS5がオーバースペックなんですよね、頭おかしいですw

②8K対応

あまり注目はされませんでしたが、8K出力できるらしいですよ・・・

さらっと対応していましたw

流石に8K/120Hzは無理らしいですが、グラフィックを重視したソフトが出てきて、8K出力対応のディスプレイで遊んだらどうなるんでしょうね・・・

FinalFantasyとか気になりますよね。

③レイトレーシング(ray tracing)対応

あまりガジェットに興味ない方は聞きなれないかもしれませんが、レイトレーシングというのが近年映像描写の技術として出てきました。

日本語だと「光線追跡法」というのですが、
光の当たり方、方向や光加減を計算して、現実により近い光や影表現をしてくれます。

今まではそれっぽく光らせていただけなんですが、レイトレーシングだと同じ場所でも明暗がはっきりしていて、かつ自然・・・

PS5のデモ映像を見ていただければわかるんですが、もう実写ですよ・・・

これがPS5のグラフィックを印象付けていると言っても過言ではないですね!
参考までに動画リンクを貼っておきますので、絶対見てください・・・絶句です・・・

④超高速SSD搭載

PCを自作しているのSSDは当たり前で、一度使うとHDDには戻れないくらい高速で快適なんですが、PS5は独自にSSDを開発して、通常のSSDよりもさらに高速なものを開発したらしいんですよ・・・

確かにプレイしているとロードがほとんど無くて超快適です!

詳しい技術的な話はよくわからないので説明省略しますw

⑤ハプティックフィードバック、アダプティブトリガー搭載

これがPS5の目玉と言っても過言ではないです・・・

今までのコントローラーでも当たり前に振動します。
落ちた時やぶつかった時、打った時、打たれた時・・・

ただこのコントローラーは違います。

超細かい振動表現によって砂地や氷、突風、草を歩く感覚を表現しているんです!!!

これは実際に触ってもらわないと伝わらないんですが、「おお!おお!わかる!!!」って感動しますw

でも一番感動したのはトリガーの感覚ですかね。

バネを引いて固くなる感覚ありますよね?ぎちぎちする感じ。

あれそのまんまです!バネが一番感動しますね!

ジッパーを上下する感覚も感動しましたね!!!
実際に遊んでいただきたい!

後でまた紹介しますが、ASTRO’s PLAYROOM(アストロプレイルーム)というPS5の機能を全部体験するためのプリインストールゲームがあるので、ぜひ購入したらやってくださいね!

コントローラー1つであれだけ細かい表現できるなら、実際のゲームはもっと楽しいだろうなと期待が膨らみますよ!!

⑥PS4版ソフトと互換性あり

これ地味に嬉しいんですよ。

ゲーム好きならまたあのゲーム遊びたいな・・・とか思うことがあるので、同じゲーム機でソフト入れ替えれば遊べるというのはとてもありがたいです。

それに、今までPS4Proではなく通常のPS4で遊んでいた方であれば、60FPSかつ綺麗な映像で遊べるのでより楽しく遊べますよ!!

アストロプレイルームは絶対遊んでください!

ここまでPS5の頭おかしいくらい(誉め言葉)ハイスペックな機能をご紹介してきましたが、残念なことにそれを最大限に引き出すだけのゲームが3月時点では殆ど発売されていません・・・

なので発売されてからのお楽しみ・・・ではあるんですが、そこは流石SONYさん。

ちゃんとPS5を最大限満喫できるゲーム最初から入れてくれています!

この可愛らしいボット君というキャラクターを操作するのですが、動きがまた可愛いんですよ~

世界観としては、ボット君を操作して、PS5の中を表現した各ステージを遊んでいく流れになります。

当然4K/120Hz、レイトレーシング等、先ほど紹介した全てに対応しています!

ぜひ綺麗な世界、そしてレイトレーシングを体験してください・・・動くと影や光加減変わりますから!!

でもこのゲーム、ただPS5の機能を体験する、それだけじゃないんです。

PS5はPlayStationシリーズの5世代目です。当然1~4世代まで出ていることになります。
他にもPSPやPS VItaなど、各種携帯型も発売されてきました。

何が言いたいかというと、なんとこのゲーム、今までのSONY製ゲーム機の歴史を振り返りながら遊べちゃうんです!!

小学生や中学生、小さいときに遊んだあのゲーム機・・・それが物凄くリアルに表現されていて、遊んでいるとコレクションとして集めることが出来るんです!

思わず全部集めたくなっちゃいますよ!(私は全部集めました)

こんなのあったの!?というような物もあるので、ぜひ楽しんでください!

めっちゃハイスペック・・・だからこそデメリットもある・・・

ここまでめっちゃPS5をべた褒めしながら紹介してきましたが、ハイスペックが故にデメリットもあるんです・・・

①対応するディスプレイが少ない(無い)
②対応するソフトがまだ少ない(2021年3月時点)

それぞれ説明しますね。

①対応するディスプレイが少ない(無い)

あるあるなんですが、ハイスペック過ぎて対応するディスプレイがまだ少ないんです・・・
4K/60Hzであれば対応するディスプレイがあるんですが、それでもまだ高い・・・

通常の1920×1080で60Hzが10000~15000円くらいなので、4K/60Hz対応だと3万以上はすると思った方がいいです。

4K/60Hzが当たり前になればディスプレイも生産量が増えて安くなると思いますけどね!

ちなみに4K/120Hz・・・これを出力できるディスプレイはこの世にまだありません・・・あるのかな??

少なくとも2~3万で買えるような金額じゃないと思いますよw(あっても10万越えだろうな・・・)

一応SONYさんは4K/120Hz対応のディスプレイを発売すると言っているので、時間が解決してくれます。

8Kディスプレイは高いですが一応発売されているので、金額さえ気にしなければ8K体感出来ます!w

ちなみに私はこれを購入しました。

Acerゲーミングモニター SigmaLine 28インチ 4K KG281KAbmiipx TN 3840×2160 1ms 60Hz FreeSync HDMIx2 DP HDR対応 フレームレス スピーカー内蔵 ブルーライト軽減

新品価格
¥38,900から
(2021/3/16 03:40時点)

せっかくなら4K/60Hzは最低欲しかったですし、応答速度も1msが良かったので、少し高いですが信頼も高いAcer製品を選択しました。

②対応するソフトがまだ少ない(2021年3月時点)

プロモーションで面白そうなゲームが出ることが判明してはいるのですが、2021年5月くらいから年末にかけて徐々に増えていく形です。

なので今はPS4版やPS4版ソフトのPS5アップグレード版を遊ぶ形になります。
それでも十分楽しめるとは思いますけどね!

ただゲームの数についてはコロナの影響もあり、各メーカーの開発が遅延しているのが大きな理由だと思うので、こればかりは仕方ない・・・

なのでPS5の購入を急ぐ必要は無いと思います。

じゃあなんで購入したのかって?
PlayStationシリーズは初期型が一番カッコいいですし、やりたいゲームが発売されたときに本体が無いのは嫌だったんですw

初期不良やら色々噂されますが、そんなこと気にせず初期型が欲しかったので頑張りました。

それでもPS5はコスパ最強!

最後にデメリットもお伝えしましたが、正直時間が解決してくれるものしかありません。

そう考えるとメリットしか無いですし、やっぱり5万円で4K/120Hz、レイトレーシングを遊べるのは凄いことですよ!w

これを超えるようなゲーム機は当分の間発売されないと思います。
技術の進歩的にも、革新的な技術が投入されない限り無いと思いますね。

つまり結論、めっちゃ買いですw

まだ抽選販売なくらい購入困難ではありますが、徐々に落ち着いてきているので、転売ヤーからは買わず落ち着いて正規の金額でご購入ください。

その頃にはきっとやりたいゲームも増えてますから!

まとめ

本体とディスプレイで約10万近くかかってますが、私は一切後悔していません!

むしろ買って(買えて)良かったと心から思います!

やっぱり世界のSONYさんは凄いなと感動しました・・・

あなたがPS5を購入し、同じように感動していただけることを願っています!それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました